超常現象・伝説を検証し口コミや評判を検証して謎を解き明かすためのサイトです。

paranormal-site.bizParanormal/Legend

超常現象の概要(超常現象,伝説,検証,評判,口コミ,謎解き)

paranormal超常)」 という表現は1915年?1920年に作り出されたものであり、 paraはラテン語で「~を超えた」という意味である。 「paranormal」という表現は、アンブレラ・ターム(広い領域をまとめて呼ぶための用語)であり、 サイキック現象(霊能力、超能力)、テレパシー超感覚的知覚サイコキネシス幽霊などを指す語である。 この世界に存在すると思われるもののオーソドックスな科学では説明不可能なこと。 あるいは、オーソドックスな科学が調査対象にしていない現象を指している。 超常現象には特殊な能力を持つとされる人間が関わっているもの(予知、透視、念写など)や、 偶然では説明がつきそうにない出来事(心霊写真、妖精、妖怪など)や不思議などが含まれる。

超常現象に対する人々の態度に関する統計調査

ギャラップ社が2005年に調査したところ、米国人のおよそ4人に3人が(つまりおよそ3/4が)少なくともひとつの超常現象が実際にあると信じている、という結果が得られた。 同社の発表によると、同調査の結果、米国人で1番多く信じられているのはESPであり、41%の人がこれを信じており、2位は家に幽霊がとりつくことがあるということであり、 米国人の37%がこれを信じている。3位は「幽霊、あるいは死んだ人の魂が特定の場所に戻ってきたり特定の状況で現れたりすること」で、 米国人の32%がこれを信じている。4位はテレパシーで、米国人の31%がこれを信じている。あとは5位 clairvoyance(透視や千里眼)26%、 6位 占星術 25%、7位 霊界との通信(霊媒)21%、8位 魔女 21% ....と続いた。

超能力・心霊現象・UFO/UMA・予言/占い・超古代/オーパーツ メニュー


超能力

超能力

超能力とされる現象として、例えば「手を触れずに物を動かす」、「人の心を読み取る」などの能力が挙げられており、種類に応じて名称が与えられている。 1900年代前半に創生された超心理学においては、超能力を情報の伝達に関する現象であるESP(Extra-sensory perception、通常の感覚器による知覚を超えた知覚)と、 物体に力を及ぼし得るサイコキネシス(念力、PK)に大別している。また、ESPとサイコキネシスを合わせて、PSI(サイ)という名称も使われている。 このような能力についての言及は古代より存在しており、インドのヨーガの領域での「シッディ」(悉地)、仏教での「神通力」(六神通)が知られている。 六神通は『仙仏合宗』などの道教の近世の内丹書でも言及されている。

心霊現象

心霊現象

心霊現象 (しんれいげんしょう) とは、超常現象の中で、とりわけ霊魂が起こしていると考えられるものをいう。 逆の言い方をするなら、「超常現象」の中でも、心霊を研究する立場から、霊が介在していると推測される現象を限定的にそう呼ぶことが多い。 霊の介在によって生じたとも考えられており、現時点での一般的な自然科学的な知識では説明しきれないとされる現象のことである。

UFO/UMA

UFO/UMA

UFO:未確認生物(みかくにんひこうぶったい、英: unidentified flying object、UFO)とは、その名の通り、何であるか確認されていない(正体不明の)物体のこと。
UMA:未確認動物(みかくにんどうぶつ)とは、存在の可能性があり、噂などで知られていながら生物学的に確認されていない未知の動物のことである。

予言/占い

予言/占い

予言(よげん、prediction)とは、ある物事についてその実現に先立ち「あらかじめ言明すること」である。 神秘的現象としての「予言」は、その中でも合理的には説明することのことのできない推論の方法によって未来の事象を語ることを指し、 占星術やチャネリングと同じく疑似科学の領域の話題として扱われることが多い。
占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、 その方法をいう。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。

超古代/オーパーツ

超古代/オーパーツ

超古代文明(ちょうこだいぶんめい)とは、先史時代に存在したとされる、高度に発達した文明のこと。 「超古代文明」は、有史以来の文明(四大文明など)が成立したとされる紀元前4000年頃より以前(先史時代)に存在したとされる、 非常に高度な文明や不明な点が多い文明を指す呼称である。
オーパーツは、それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指す。 英語の「out-of-place artifacts」を略して「OOPARTS」とした語で、つまり「場違いな工芸品」という意味である。

↑ PAGE TOP